withコロナの新しい採用様式

WEB説明会採用実務サポート

WEB説明会
採用実務サポート

新卒採用活動WEB説明会ツール

これからは新しい生活様式に適応した採用活動(新しい採用様式)が求められます

これからは新しい生活様式に適応した
採用活動(新しい採用様式)が求められます

新しい生活様式

厚生労働省HPより抜粋

  • 人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける
  • 会話をする際は、可能な限り真正面を避ける、屋内でも会話をするとき、人との間隔が十分とれない場合は、症状がなくてもマスクを着用
  • こまめに換気(エアコン併用で室温を28°C以下に)、会話は控えめに
  • テレワークやローテーション勤務、時差通勤でゆったりと
  • オフィスはひろびろと
  • 会議はオンライン
  • 対面での打合せは換気とマスク

採用活動を含めて様々な場面で「ZOOM」「Skype」「Teams」などを使ったコミュニケーションが急増しました。企業の中には、こうしたツールで会社説明会を実施しているケースもあります。しかし、採用担当者の仕事の効率化・生産性、学生側の利便性を考えると、シーンによってツールを使い分けることが求められます。例えば、数十名以上の学生を対象とする場合は専用のWEB説明会サービスの方が効率的です。一方で1名~数名程度を対象とするシーンにおいては「WEB会議システム」の方が便利です。新しい生活様式の中で行う「新しい採用様式」においては、自社に合った最適なツールを組み合わせることが求められます。

対面型の会社説明会とWEB説明会・Live配信と動画配信の比較

対面型の会社説明会と
WEB説明会・Live配信と動画配信の比較

これまでの対面型会社説明会とWEB説明会の違いは、参加会場がスマホやパソコンになりますので、対象学生エリアがなくなるということです。企業の本社所在地や学生の所在地による差がなくなる点です。そして、定員という概念もなくなりますので、結果として事前の予約が必須でなくなることが大きな違いです。Live配信と動画配信でも違いがあり、Live配信の場合、日時が指定されますが、動画配信の場合は24時間になります。学生とのコミュニケーションは、Live配信の場合チャットを利用することで相互コミュニケーションを実現できますが、動画配信の場合は、メールなどで代替する必要が出てきます。このようにそれぞれの特徴を理解することで、これまで実現できなかった新しい採用活動フローを実現することができます。

参加会場

対象学生エリア

定員

予約の有無

日時

質疑応答

特徴

対面型会社説明会

指定の場所

会場周辺地域が中心

事前予約制

指定の日時

質問タイム

事前に参加予約を行い、指定の日時に指定の場所(会場)へ行く必要があるのが対面式会社説明会。場所が特定されるため、参加する学生は特定の地域の学生が中心となる。

Live配信

無|スマホ・パソコンなど

全国(世界)

予約不要 事前予約も可能

指定の日時

可能|チャット機能

予約不要(予約も可)で、指定の日時にスマホやパソコンで参加でき、チャットで質問できるのがLive。スマホやパソコンから参加できるので参加者の地域に制限はない。

動画配信

無|スマホ・パソコンなど

全国(世界)

予約不要 事前予約も可能

指定無

不可能(メールで代替)

予約不要(予約も可)で、動画のため、好きな時間にスマホやパソコンで参加・視聴できる。全国から参加でき、繰り返しコンテンツを視聴することができるのが特徴。

参加会場

対象学生エリア

定員

予約の有無

日時

質疑応答

特徴

対面型会社説明会

指定の場所

会場周辺地域が中心

事前予約制

指定の日時

質問タイム

事前に参加予約を行い、指定の日時に指定定の場所(会場)へ行く必要があるのが対面式会社説明会。場所が特定されるため、参加する学生は特定の場所の学生が中心になる。

参加会場

対象学生エリア

定員

予約の有無

日時

質疑応答

特徴

Live配信

無|スマホ・パソコンなど

全国(世界)

予約不要 事前予約も可能

指定の日時

可能|チャット機能

予約不要(予約も可)で、指定の日時にスマホやパソコンで参加でき、チャットで質問できるのがWEBセミナーLive。スマホやパソコンから参加できるので全国から参加できる。

参加会場

対象学生エリア

定員

予約の有無

日時

質疑応答

特徴

動画配信

無|スマホ・パソコンなど

全国(世界)

予約不要 事前予約も可能

指定無

不可能(メールで代替)

予約不要(予約も可)で、好きな時間にスマホやパソコンで参加・視聴できる。全国から参加でき、繰り返しコンテンツを視聴することができるのが特徴。

WEB説明会の対象者は誰か?

これまで実施していた対面型の会社説明会は、会場が決まっており、定員もありましたので、必ず事前予約を受け付けて、予約者に会場に来てもらう形式が一般的でした。しかし、WEB説明会の場合、会場はスマホ・パソコンになり、定員設定も必要ありません。誰にWEB説明会を視聴してもらうかを整理することが大切です。下記は3つの対象者の特徴と運用フローを比較した内容になります。

事前予約型

予約者

従来の説明会運営と同様で、WEB説明会へ参加するために事前に予約してもらい、予約者へ視聴情報を届ける運用方法。この方法では、これまでの対面式会社説明会の場合、会場が遠いなどの理由で難しかった学生を新たに取り込むことが可能です。

対象者

少なめ

お届け型

エントリー者

就職サイトからのエントリー者や合同説明会などで会った学生に対して、メールで視聴情報を届ける運用方法。従来の対面式会社説明会の場合参加しなかった学生層へ届けることで、企業理解者を増やすことができ、中堅・中小企業にとって効果的です。

対象者

中間

オープン型

サイト訪問者

お届け型の運用に加え、WEB説明会の視聴情報を就職サイトや自社サイト上で公開(オープン)する運用方法。エントリーするまでの志望度に至っていない学生も、気軽に参加する可能性があり、新規学生の集客手法としての効果も期待できます。

対象者

対象者広い

このように運用方法を見直すことで、これまで会社説明会で接点を持つことが難しかった「エントリーしてその後行動しない学生群」や「就職サイトの自社ページやホームページまで訪問した学生群」と接点を持つことが可能になります。中堅中小企業の場合、動画配信型の場合は「お届け型」の運用を推奨しています。更に、Live配信をご利用の場合「オープン型」で新規の学生との接点を増やす取り組みが効果を上げる手法と言えます。

WEB説明会を使った「お届け型」の標準的な運用ルールはこの2点

WEB説明会を使った「お届け型」の
標準的な運用ルールはこの2点

WEB会社説明会.net_WEB会社説明会画面

①WEB説明会を通年で公開
通年採用(いつでも説明会)

WEB説明会を使う場合は、通年で利用できるようにします。但し、WEB説明会を視聴する実際の画面は、Google・Yahooなどの検索エンジンに対しては非公開として、URLが知られないように注意します。

WEB会社説明会.net_WEB会社説明会画面

②WEB説明会を開催している旨を広報し、求める対象者に届ける

②WEB説明会を開催している旨を
広報し、求める対象者に届ける

ご利用の就職サイトや自社サイト上でWEB説明会を実施している事を広報します。広報の中で、エントリー者に「WEB説明会」の視聴情報をお届けする事や応募希望者はそのまま応募ステップへ進めることを伝えることが大切です。求める対象者には通年で提供するのが効果的です。※第二新卒などの対象者も同様の運用が効果的です。

これまでの対面型会社説明会は、廃止することもできますが、「先輩社員との質問会」などに内容にリニューアルし、参加するかどうかは学生側に委ねる運用がおすすめです。応募プロセス以後は、これまでのフローで実施することができます。面接官のスケジュール調整が必要ですが、理想的には通年で応募受付を行うことにより、応募者数の最大化を実現することができます。

WEB説明会.net サービスメニュー

会社説明会はスマホ・タブレット・パソコンで開催

撮影収録タイプ

web説明会.net

価格:39.8万円~

基本:Studio収録 ※出張撮影も可能

WEB説明会の基本となるスライドを使った会社説明を専用スタジオで収録。仕上り時間30分程度のWEB説明会を貴社専用のWEB画面で公開します。

薬学生向け撮影収録タイプ

価格:39.8万円~

基本:Studio収録 ※出張撮影も可能

撮影収録型の内容で、WEBテンプレートを薬学生向けに変更した薬学生採用専用サービス。全国に点在し、授業で多忙な薬学生に会社説明を届けます。

Live配信&録画タイプ

Live配信&録画

価格:39.8万円~

基本:スタジオからのLive配信 

最初にLive配信形式で説明会を実施。Live終了後に録画映像を分割編集し撮影収録型と同じテンプレートで公開。Live配信は60分と90分コースをご用意。

Live配信単独サービス

Live配信単独サービス

価格:10万円~

基本:スタジオからのLive配信 

Live配信のみ(録画版を利用しない)。配信エンジンは”vimeo”を利用しますので、視聴人数の制限は無し。Live終了後3日間の見逃し配信付き。