ホーム » 新卒採用活動支援サービス » オンライン会社説明会の選び方

withコロナの新しい採用様式

オンライン会社説明会の選び方

新型コロナウィルスの影響で、対面型の会社説明会開催が困難な中、
オンライン上で情報を発信するWEB説明会が効率的な採用活動を実現します。

新しい生活様式

厚生労働省HPより抜粋

  • 人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける
  • 会話をする際は、可能な限り真正面を避ける、屋内でも会話をするとき、人との間隔が十分とれない場合は、症状がなくてもマスクを着用
  • こまめに換気(エアコン併用で室温を28°C以下に)、会話は控えめに
  • テレワークやローテーション勤務、時差通勤でゆったりと
  • オフィスはひろびろと
  • 会議はオンライン
  • 対面での打合せは換気とマスク

これからは新しい生活様式に適応した採用活動(新しい採用様式)が求められます

これからは新しい生活様式に適応した
採用活動(新しい採用様式)が求められます

ソーシャルディスタンス

採用活動を含めて様々な場面で「ZOOM」「Skype」「Teams」などを使ったコミュニケーションが急増しました。企業の中には、こうしたツールで会社説明会を実施しているケースもあります。しかし、採用担当者の仕事の効率化・生産性、学生側の利便性を考えると、シーンによってツールを使い分けることが求められます。例えば、数十名以上の学生を対象とする場合は専用のWEB説明会サービスの方が効率的です。一方で1名~数名程度を対象とするシーンにおいては「WEB会議システム」の方が便利です。新しい生活様式の中で行う「新しい採用様式」においては、自社に合った最適なツールを組み合わせることが求められます。

オンラインツールの種類

採用活動で利用するオンラインツールは大きく3種類に分類することができます。WEB会議系、Live配信系、動画配信系です。それぞれの特徴を理解し、採用活動の各シーンに合った利用が効果的です。

WEB会議

Zoom、Webex、Teams、Skype、ハングアウトなどのサービス名で、音声・ビデオ・テキスト・画面共有でやりとりできるオンラインツールです。主催者と参加者が同じ時間帯にログインする事で、リアルタイムコミュニケーションを実現することができます。

WEB会議システム
コロナ渦の影響で通常業務などでの利用が急速に増加してのがこのシステムです。少人数・短時間の利用の場合、無料で始められるサービスが多いことから、世界的に利用者が急増しました。採用活動においても、対面形式に替わるツールとして利用が急増しています。双方向でのコミュニケーションが可能になりますので、採用活動では、面接や小人数でのコミュニケーションツールとして利用されています。問題点としては、様々なトラブルが発生しやすい点です。トラブルの多くは、利用者側の使用する機材や各種設定、通信環境に関係することが多く、「音声が聞こえない」・「映像が見えない」・「画面がフリーズ」といった事が起こる可能性があります。オプションを利用することで大人数での利用も可能ですが、その分トラブル発生数が増加することが予測される点、参加者が多い場合の相互コミュニケーションに時間的な限界があることを考えると、少人数利用がおすすめと言えます。
【目安人数】
相互コミュニケーションを密に行いたい場合:8名程度 広報
広報など一方向の情報発信の場合:20~50名程度

採用担当者の業務負担:非常に大きい

Live配信

WEB会議とは異なり、主催者側からビデオ・音声・画面共有などの情報を配信し、参加者は主催者が配信する映像を視聴する形式です。チャットを併用する事で、参加者側から質問や意見を発信することが可能で双方向のリアルタイムコミュニケーションを実現します。

動画撮影

採用活動においては、会社説明会の配信、内定者向けの配信などで利用されています。長さは、60分~90分程度のものが多く、会社説明の場合は、スライドによる会社説明と先輩社員の仕事紹介、参加者からの質問受付などを行います。WEB会議のようにログインしなくても視聴できるため、参加者側は気軽に参加できるのが特徴です。気になるトラブル発生の可能性は、WEB会議と比較すると確率は大きく下がります。参加人数は数十人はもちろん数百名・数千名を対象にすることも可能になります。会社説明会や内定者フォローなど多くの学生を対象とする場合に効果を発揮します。

採用担当者の業務負担:大きい

動画配信

動画配信は、既に撮影・編集された映像を主催者側がWEB上に公開、参加者は指定されたURLへアクセスする事で動画コンテンツを視聴できるサービスです。WEB会議やLive配信の場合は日時が特定されますが、動画は24時間公開が一般的です。公開期間を限定しなければ通年で配信することができます。

スマホ会社説明会

採用活動においては、会社説明会の収録映像、先輩社員のインタビュー映像、職場・店舗・工場などの紹介映像などをWEBサイト上に公開し視聴できるようにしています。公開方法は、特定の学生へ視聴URLをお知らせするケースや自由にアクセスできるようにしているケースがあります。URLを知っている学生は、24時間・365日視聴できるのが特徴で、学生にとっては便利なツールと言えます。企業側も制作してしまえば、手間はかからず効率的な運用が可能です。また、トラブル発生の可能性一般的に低く、安定した運用が可能です。

採用担当者の業務負担:小さい

採用活動プロセスとオンラインツールの相性

採用活動プロセスと
オンラインツールの相性

採用活動のプロセス別にオンラインツールの相性を見ると以下の表になります。会社説明会やOBOG訪問・質問、職場見学会など早期のプロセスでは、「動画配信」が効果的。一方で選考過程では「WEB会議」が効果的です。Live配信は、会社説明会やOBOG質問会など大人数を対象とする場合でコミュニケーションが取れる点が大きな魅力になります。

個別会社説明会

職場見学会

OBOG訪問 OBOG質問会

グループディスカッション

面接

内定者ミーティング・内定式

内定者情報提供

採用担当者の業務負担

WEB会議

(少人数)

×

(少人数)

非常に大きい

Live配信

×

×

大きい

動画配信

×

×

×

小さい

個別会社説明会

職場
見学会

OBOG
訪問

グループディス

面接
(選考)

内定者
会議

内定者情報提供

採用担当者の負担

WEB会議

×

非常に大きい

Live配信

×

×

大きい

動画配信

×

×

×

小さい

採用担当者の業務負担を考慮

コロナ渦での採用活動はもちろんですが、採用業務の効率化を考えると採用担当者の業務負担を考慮することも重要です。「動画配信」の場合、撮影するまでの準備などは大きな負担になりますが、動画が完成した後の負担は小さく、業務効率化の効果が高くなります。「WEB会議」はシステムが簡素化されてはいますが、実際の準備や運用を考えると、毎回採用担当者が接続作業を行い、参加学生を確認しながら対応することになりそれなりの時間と手間が発生します。更にトラブル発生時の対応を考えると、総合的には大きな負担になると考えられます。「Live配信」の場合は、配信に関わるスタッフの協力を得られますので「WEB会議」の開催と比較すれば小さい負担と言えますが、毎回出演する負担がそれなりにあります。

個別会社説明会

メインとなる個別会社説明会は「動画配信」で準備する事で、24時間・通年会社説明会開催が可能になります。これは、学生側の利便度が高まることはもちろん、採用担当者の業務量も低減にもつながります。更に「Live配信」を適宜追加開催する事で、「動画配信」だけでは伝わりにくい社内の雰囲気を伝えることが可能になり、チャットを使った質疑応答を行うことで、学生が抱いている疑問や不安を払拭することに繋げられ、結果として志望動機を高めることができます。

職場見学会

社内紹介、店舗紹介、工場紹介など職場見学会は、「動画配信」で置き換えるのが効果的です。学生に見てほしい職場や設備・店舗などを撮影・編集し公開することで伝えたい情報を確実に届けることができます。また、動画として準備する事により、Live配信やWEB会議の途中に再生表示させることもできます。

OBOG訪問・OBOG質問会

先輩社員が語るの入社動機、仕事のやりがい、面白さなどの情報は「動画配信」が効果的です。また、学生からの質疑に答えるのであれば「Live配信」が効果的です。例えば、先に「Live配信」を行い、後日録画映像を「動画配信」として利用するなど組み合わせる事で効率的な運用が可能になります。

グループディスカッション

グループディスカッションを非対面で実現するためには、「WEB会議」が有効です。但し、参加人数が多い場合、複数のグループをWEB会議の中で設ける必要があります。そのため、各グループの状況を見て評価する担当者が少なくとも開催グループ数分必要になります。当日の全体運用を考えると、採用ご担当者の負担はそれなりになります。

面接

面接は「WEB会議」が有効です。事前に接続方法をしっかりと学生に伝え運用するのが重要です。尚、トラブル発生に備え、電話での代替なども準備しておくことをおすすめします。

内定者ミーティング・内定式

内定者ミーティングは参加人数によって「WEB会議」と「Live配信」の使い分けが効果的です。相互コミュニケーションをしっかりと行いたい場合は、参加人数8名程度の「WEB会議」を複数回開催するなどが有効です。10名以上の内定者に対して実施したい場合や内定式などを行う場合は、「Live配信」とチャットの利用が効果的です。

内定者向け情報提供

内定者に対して、追加情報の提供や入社前教育を兼ねた情報などを提供する場合「動画配信」が効果的です。更に、質疑応答を実施したい場合は「Live配信」や「WEB会議」を組み合わせるのも有効な手段になります。

コロナ渦の中オンラインを利用した採用活動は必須となっていきます。こうした中最適なオンラインツールを選択し、自社に合った採用プロセスで安全で効率的な採用活動を実現していただければと考えています。

WEB説明会.net サービスメニュー

会社説明会・職場見学会・OBOG訪問は、動画配信・Live配信がおすすめです

会社説明会・職場見学会・OBOG訪問は、
動画配信・Live配信がおすすめです

撮影収録タイプ

web説明会.net

撮影・編集・専用画面

価格:39.8万円~

基本:Studio収録 ※出張撮影も可能

WEB説明会の基本となるスライドを使った会社説明を専用スタジオで収録。仕上り時間30分程度のWEB説明会を貴社専用のWEB画面で公開します。

薬学生向け撮影収録タイプ

撮影・編集・専用画面

価格:39.8万円~

基本:Studio収録 ※出張撮影も可能

撮影収録型の内容で、WEBテンプレートを薬学生向けに変更した薬学生採用専用サービス。全国に点在し、授業で多忙な薬学生に会社説明を届けます。

Live配信&録画タイプ

Live配信&録画

Live配信・録画・編集・専用画面

価格:39.8万円~

基本:スタジオからのLive配信 

先にLive配信形式で会社説明会を実施。Live終了後に録画映像を分割編集し撮影収録型と同じテンプレートで公開。Live配信は60分と90分コースをご用意。

Live配信単独サービス

Live配信単独サービス

Live配信

価格:10万円~

基本:スタジオからのLive配信 

Live配信のみ(録画版を利用しない)。配信エンジンは”vimeo”を利用しますので視聴人数の制限なし。Live終了後3日間の見逃し配信付き。