動画選考システム ムービーレジュメ | 株式会社ビューポイントウェア|企業向けの新しい人材採用活動・研修教育プログラム開発・実施

動画選考システム ムービーレジュメ

「動画による応募」受付システム
ムービーレジュメ概要

学生に約60秒(容量50MBまで)の動画でプレゼンテーションを動画を作成してもらい、動画を見ながらスクリーニングを行う新しい選考システムです。60秒の動画テーマは 企業側で任意に設定できます。求める人物像を判断するのに最もふさわしいテーマを設定するのがポイントになります。

動画選考時のテーマ例

  • 自分が一番輝いているシーンを動画で教えてください
  • あなたの特技を一つ教えてください
  • 当社への応募動機を教えてください
  • 将来の夢を教えてください
  • あなたの作品を紹介してください(デザイン系学科)ほか
ムービーレジュメの導入例

遠方在住学生を対象に動画で初期選考 H社のケース

動画を使った初期選考
  • 本社:神奈川県 
  • 業種:製造業 
  • 採用ターゲット:工学部系学生

導入の背景

これまでは神奈川県本社の会社説明会に参加した学生の中から選考するといった活動の流れになっており、地方在住学生とはほとんど接点を持つことが無く採用活動を終えていた。しかしここ数年は、工学部学生の応募人数が減っており、新たな対策を検討していた。

導入内容

エントリー学生の中で、採用対象となる工学部系の学生で、地方在住者を抽出し、「動画選考」を実施する旨を案内。この時、「動画選考」を通過した場合の次の面接について、面接会場までの交通費を会社側が負担する旨を明記し応募しやすい環境を準備。また、事前にWEB会社説明会を送信することで、企業理解を深めてもらう対応を取った。

導入結果・変化

動画選考を希望した学生数は30名。実際に提出した学生は17名でした。17名の中から動画選考を通過した学生は8名。8名とは実際に2次面接を行うことが出来ています。学生が提出する動画の制作レベルの個人差は大きかったようですが、対象の学生を動画で見ることができるので、ESや資料では解らない個人の雰囲気を感じる事で選考活動は効率的に進んだようです。

ES+動画選考で初期選考の質をUP D社のケース

  • 本社:千葉県
  • 業種:アミューズメント
  • 採用ターゲット:全学部全学科

導入の背景

初期選考としてESを利用していたが、ESでの合否判断が非常に難しくなってきていた。しかし、その後実際に会うことが出来る人数も限られるため、効果的な初期選考方法を模索していた。

導入内容

これまで通りESの提出は必須としながら、希望者のみ「動画応募」を併用で受け付ける形式に変更。希望者のみとすることで、志望度を確認することもできる点もこの方法を取り入れた理由。実際の選考シーンでは、ESでは判断が難しい学生を中心に動画で判断する手法を計画し実施した。

導入結果・変化

動画応募は、希望者のみとした結果、提出率は全応募者の6割となった。実際にES判断の難しい学生を中心に動画を併用することで合否作業をおこなうことができた。その多くは、最初の10秒程で判断できるということであった。最終的に合格者の9割が動画を提出していた結果となり合否判断において効果的であることが確認できている。

海外在住の留学生採用の中で初期選考 W社のケース

  • 本社:東京都
  • 業種:ソフトウェア
  • 採用ターゲット:全学部全学科

導入の背景

海外大学生を採用する中で、帰国時の短期間に面接・選考を実施するため事前に面接アポイントを取って運用していたが、学生のレベル差が大きく、採用活動が非効率になっていた。

導入内容

希望者に対して、PR動画の提出を求め動画選考を実施した後に面接のブッキングを行うように、採用フローを変更。事前に動画で確認することで面接の効率を向上させることを狙いとした。

導入結果・変化

動画提出を希望した学生数は数名であったが、提出者全員、動画レベルで合格となり、面接においても良い結果につながっている。事前に動画で本人を確認できているので、面接時のコミュニケーションをスムーズに進めることができ、選考の質も高まったと考えられる。

お問い合わせ
ご相談はお気軽に
TEL 03-5775-5737

平日9:30~19:00