plain60seconds 採用動画プラットフォーム| 株式会社ビューポイントウェア|

PLAIN60seconds

WEB説明会と動画を活動する新しい採用活動プロセスを実現します
PLAIN60seconds


学生が

PLAIN60seconds

利用する理由?

  • 会場に行く必要がなく交通費や宿泊費がかからない

  • 予約不要で参加できるので、プレエントリー前に企業研究を行うことができる

  • 遠隔地からも参加(視聴)できる

  • インターンシップ開催時期など解禁前から企業研究ができる

  • 録画されたものは何回も繰り返し視聴でき確認できる(企業研究シーン、ES作成シーン、面接シーンなど)

企業が

PLAIN60seconds

利用する理由?

  • これまで会社説明会を開催していない地域の学生を取り込むことができる

  • UターンやIターン学生の会社説明会への誘導が可能になる

  • 会社説明会を年間を通じて開催(公開)できるため通年採用が可能

  • 会社説明会の開催にかかるコストを削減できる

  • 採用プロセスを複線化することで応募者数を増やすことができる

  • 質の高いWEBセミナーをリーズナブルに実施できる

  • LIVE配信の場合でも視聴者人数制限が無いため多くの学生に参加してもらえる

採用活動での活用例

会社説明会コストを半減以下に、ES応募者の増加に成功

会社説明会コストを半減以下に、

ES応募者の増加に成功

予約不要のWEB説明会LIVEで幅広い学生層をターゲットに広報し認知度・理解度をUP

予約不要のWEB説明会LIVEで

幅広い学生層をターゲットに広報し認知度・理解度をUP

これまでの会社説明会を「社員質問会&選考会」として選考結果を早期に出すフロー

これまでの会社説明会を

「社員質問会&選考会」として選考結果を早期に出すフロー

PLAIN60seconds 商品概要

WEB会社説明会は、LIVE配信を行い録画版を利用する方法と撮影のみを行い制作する2パターンが一般的です。

WEB会社説明会は、

LIVE配信を行い録画版を利用する方法と

撮影のみを行い制作する2パターンが一般的です。

LIVE配信+録画版WEB会社説明会

PLAIN60secondsのLIVE配信は、Livestreamを配信エンジンに利用しますので、参加人数を制限しないLIVEが可能になります。学生は、事前エントリーや予約が必要ありませんので、貴社への興味や関心度がまだ低い学生から高い学生まで、気軽に幅広く参加できます。これまで、興味はあってもエントリーしていない学生や、エントリーしても会社説明会へ参加しない学生などが参加しやすい環境になりますので、応募者増加へつなげることができます。もちろん地域は限定されませんから、海外や遠方の学生が自由に参加してきます。LIVE終了後は、コーナー別に編集分割しPLAIN60secndsの専用画面で公開することで、録画版WEB会社説明会として継続して利用することができます。

撮影版WEB会社説明会

撮影収録した映像を編集して制作するWEB会社説明会です。収録内容は、定型のパッケージ版から貴社オリジナルの映像コンテンツを制作するオーダー版まで幅広く制作ができます。募集内容に照らして最適なコンテンツを制作しています。また、貴社の採用活動フローに柔軟に対応できる点も特徴です。例えば、①WEB説明会予告編を制作し、エントリー者を広く集める ⇒ ②エントリー者全員にWEB会社説明会のURLを配信 ⇒ ③ES提出など、広報から応募受付まで一貫した運用が可能です。

ご利用中の主な企業様

PLAIN60secondsの詳しい資料はこちらから

PLAIN60seconds商品資料
詳しい資料をお届けしております。

ご希望の方は下記フォームをご利用願います

 
お急ぎの方はお電話でも受け付けております。

TEL 03-5775-5737(平日:電話受付 9:30~18:00)

スマホで

会社説明会

大学・大学院・専門学校・短大生のための就職情報

PLAIN60secondsを使用して、WEBセミナーや動画情報を公開発信しているページです。

学生は自宅や学校からスマホやパソコンで気軽に視聴したり、WEBセミナーへ参加できます。

お問い合わせ

ご相談はお気軽に

電話:03-5775-5737

(平日9:30~18:00)

ご利用企業のCASEスタディ01

業界:ソフトウェア業界 本社地域:首都圏

少人数の採用スタッフで全国採用を効率的に実現
応募者の増加と採用コストの削減に成功

これまでの採用プロセス

STEP1:インタンシップ・プレエントリー ⇒ STEP2:全国各地で開催する会社説明会予約受付 ⇒ STEP3:会社説明会の開催 ⇒ STEP4:ES応募受付 ⇒ STEP5:ES選考後、面接選考 ⇒ STEP6:内定付与

採用担当者の感じる問題・課題

  • 会社説明会の開催回数の負担/同じ内容の説明会を全国で開催しており、効率化できないか。また当日参加する先輩社員の手配も調整が難しく参加してほしい社員ほど多忙。
  • 地方国公立大学生へのアプローチの難しさ/地方開催の会社説明会は、実施日が限られせっかく興味を持ってもらってもその日に参加できないとなかなか応募へつながらない。

 

採用プロセスの変更後

ーークリックーー

CASEスタディ01の変更点と成果

これまでの新卒採用プロセス

新しい新卒採用プロセス

全国で開催していた会社説明会を全廃し、インターンシップ参加者(エントリー者含む)とプレエントリー者全員へ「WEB説明会」視聴情報を送付。

<運用のポイント>

  1. 会社説明会予約のアクションの削減
  2. 自社に興味関心を持ったずべての学生にWEB説明会を視聴してもらう(視聴環境を提供する)
  3. 視聴後応募希望者はES応募へ進み選考フェーズへ進んでもらう
  4. 「WEB説明会」視聴後に疑問や不安のある学生には、参加自由の「先輩座談会」を用意

<成果>

  • ES応募者の総数は通常の会社説明会開催時と比較すると増加
  • 会社説明会の開催コストの大幅削減に成功(数百万単位)
  • 学生は気になる部分を複数回繰り返し視聴するなど企業理解を深める結果へ
  • 会社説明会開催地域外の学生からの応募者増加
  • 採用スタッフ人数の削減
  • 会社説明会運営にかかかっていたマンパワーを内定者フォローへ投入でき辞退の抑制へ

拡大を閉じる

ご利用企業のCASEスタディ02

業界:製造業 本社地域:中部地方

予約不要のWEB説明会LIVEで認知を高め

3つのルートで理工系応募を拡大する地方本社企業

これまでの採用プロセス

STEP1:インタンシップ・プレエントリー ⇒ STEP2:本社(地方都市)と東京・名古屋・大阪で開催する会社説明会予約受付 ⇒ STEP3:会社説明会の開催 ⇒ STEP4:ES応募受付 ⇒ STEP5:ES選考後、面接選考 ⇒ STEP6:内定付与

採用担当者の感じる問題・課題

  • 地元以外での企業認知が低い/東京・名古屋・大阪での会社説明会の動員が厳しく、理工系学生の集客が困難になっていた。
  • 応募数の減少/基本は会社説明会参加後にESを提出してもらう流れであるが、応募数が減少の傾向で、会社説明会へ参加しない学生もES応募を受け付けるように変更したが、応募数の増加にはつながらなかった。

 

採用プロセスの変更後

ーークリックーー

CASEスタディ02の変更点と成果

これまでの新卒採用プロセス

新しい新卒採用プロセス

企業認知を高めるため予約不要で参加できるWEB説明会LIVEを開催し事業や仕事を知ってもらう事を強化。LIVE終了後のエントリー者にも録画版を全員に広報。また通常の会社説明会と併用することで、直接会いたいと考える学生との接点も継続。応募へのルートを3通り用意する事で応募しやすさをアピール。

<運用のポイント>

  1. 予約不要のWEB説明会LIVE開催情報の広報を徹底して実施(各種イベントでの広報、就職サイト・自社サイト・SNSなどでも広報)
  2. インターンシップ・エントリー者へは、録画版の案内を行い、関心の高い時期に事業や仕事を理解してもらう
  3. 通常の会社説明会では、WEB説明会との情報重複を避け、先輩社員の仕事紹介・Q&Aを強化

<成果>

  • 応募者の企業理解度が非常に高くなった
  • 応募者の地域が多様化し東名阪学生を中心に全国からの応募が増加
  • 偏差値の高い大学・大学院生の割合が高まった
  • 面接前にWEB説明会でチェックしているようで、選考時の質問や話の内容が変化してきた
  • WEB説明会を利用することで採用活動後半も効率的に採用継続が可能になった

拡大を閉じる

ご利用企業のCASEスタディ03

業界:流通業界 本社地域:中部地方

長時間になるの会社説明・選考会を短縮し

選考参加者の企業理解を深め・マッチング率を向上

これまでの採用プロセス

STEP1:インタンシップ・プレエントリー ⇒ STEP2:全国各地で開催する「会社説明兼1次選考会」受付 ⇒ STEP3:会社説明・1次選考会の開催 ⇒ STEP4:合格者に2次選考会の案内 ⇒ STEP5:2次選考会選考 ⇒ STEP6:内定付与

採用担当者の感じる問題・課題

  • 採用活動の効率化・スピードアップのために「会社説明兼1次選考会」を行っていたが、時間が長時間になり学生が会社説明会後の1次選考会へ参加する割合が低下していた。また、企業理解が低い段階での1次選考になるためその後の歩留まりも悪化していた。
  • 開催地域によっては参加人数が少なく、対策としては会社説明会・1次選考会の開催回数・開催地を増やすしか対策がない。

 

採用プロセスの変更後

ーークリックーー

CASEスタディ03の変更点と成果

これまでの新卒採用プロセス

新しい新卒採用プロセス

WEB会社説明会を予約不要で、興味を持ったすべての学生が視聴・参加できるように変更。事業内容や仕事の内容を理解したうえで、「質問会&1次選考会」で参加してもらうように変更。

<運用のポイント>

  1. 予約不要のWEB説明会を公開している事をあらゆるメディアで公開。自社WEBサイト、就職サイト、SNサイト、更にはイベント会場でも広報
  2. エントリーの数にはこだわらないで、「質問会&1次選考会」の予約・参加人数をKPI化
  3. エントリー学生に対してもWEB説明会の視聴ページへ誘導し、しっかりと情報を見てもらう
  4. 質問会では全員の質問に答えるように時間調整

<成果>

  • これまでの「会社説明兼1次選考会」の所要時間の半分で「質問会&1次選考会」を実施できる
  • 既にWEB説明会で事業や仕事を理解した学生が「質問会&1次選考会」へ参加するため質問の内容が的確で志望度が高まっている
  • 志望度の高い学生ほど繰り返しWEB説明会を視聴する傾向があるようで志望動機の内容がより具体的になってきている
  • 質問会からそのまま1次選考へ参加する学生の割合が高まっており効率的な採用ができた

拡大を閉じる